焼結部品-コスト効率を求めて

今日、焼結成形部品は、コスト効率の良いパーツとして、これまでになく広範囲な用途に使用されるようになりました。従来よりも強度要求が高い部品にも対応できます。最新の生産技術によって、焼結密度は広範囲にわたり、鉄、真鍮、銅を使用した部品を供給できる可能性が大きく広がると同時に、使用方法も独特なものが顕著となっています。

  • ・一部品あたりのコスト低減
  • ・大量生産が可能
  • ・2次機械加工作業(ネットシェイプ製造工程)の削減もしくは排除
  • ・お客様のこだわりを満たす設計材料